« 所蔵コレクション展(東京写真文化館) | Main | 国芳・暁斎 なんでもこいッ展だィ!(東京ステーションギャラリー) »

December 18, 2004

サントリー美術館名品展(サントリー美術館)

12_18_1現在公開中の「ゴジラ ファイナル ウォーズ」がゴジラ映画の最終作だそうだ.こちらも赤坂見附でのファイナル展覧会.「ありがとう赤坂見附 サントリー美術館名品展」(12/18~12/30)を見てきた.

『サントリー美術館は、今回の展覧会をもって赤坂見附での展観を終了し、2007年春には六本木(旧防衛庁跡地)に場所を移して新美術館を開館します。1961年に「生活の中の美」をテーマに東京・丸の内に開館したサントリー美術館は、1975年、現在の赤坂見附に移転しました。ゼロからスタートした館蔵品は、今では日本の古美術やガラスを中心に、国宝1点、重要文化財12点を含む約3000点に及び、展覧会は今回で303回目を数えます。今回の展覧会では、絵画・漆工・陶磁・染織・ガラスなどの多岐にわたる館蔵品から粋を集めた約80点を展示し、改めて「生活の中の美」という視点から見直しながら、赤坂見附での長年の活動を振り返りたいと思います。(HPより)』

主任学芸員さんの展示解説を聞いた.作品ごとの解説で展示の工夫などもよくわかった.2007年の新美術館でのオープニングも同様に名品展になるそうだ.(まず,自分の所蔵品を展示しないと他の美術館が安心して作品を貸してくれないそうだ.)以下,気に入った作品ごとに聞いたこと,思ったことを書いておく.

・舞踊図(江戸時代):着物の柄が美しい.手の表情などは簡単.6枚のパネルとして収蔵されているが,本来は屏風であったかもしれないので,屏風風の展示をしたそうだ.

・ひとよ茸ランプ(エミール・ガレ 1902年):堂々とした感じがイイ.3本あるのは成長の過程を現している.投票2位.

・藍色ちろり(江戸時代):ちろりは酒をそそぐ急須のようなもの.藍色一色のちろりはとても妖しく美しい.投票1位.

・色絵鶴香合(野々村仁清 江戸時代):「これを展示するのは怖い」と学芸員さん.首が細い.首からくちばしにかけての形もイイが,羽根の色も味わい深い.

・色絵五艘船文独楽形鉢(伊万里 江戸時代):色絵が美しい.南蛮貿易をしのばせる.人物の表情,船のデフォルメも面白い.

・浮線稜螺鈿蒔絵手箱(鎌倉時代 国宝):当時の社長,佐治敬三は「清水の舞台から飛び降りる」気持ちでこれを買い求めたとのこと.傷みがあるので時間をかけた修復が必要らしい.透かし彫りの螺鈿が美しい.見る角度によってはピンク色にも見える.金具もカチッとできていて鎌倉時代らしい.

・貝尽蒔絵螺鈿絵文箱(小川破笠 江戸時代):「超絶技巧.今でいう海洋堂です.」とのこと.鮑もイイが,ウニの骨やサザエの蓋に感動を覚えた.落款の印も浮き彫りだ.

・酒伝童子絵巻(狩野元信 室町時代 1522):酒伝童子が酒を飲んで正体を現した場面が展示されている.「いつもはこの後の首を切る場面を展示することが多いのですが,”ありがとう赤坂見附”ですので首を切る場面はやめました・・・」ということでした.酒伝童子の表情や体毛の感じ,まわりの女人のしぐさなど見飽きない.作品世界に入り込める.

・秋草蒔絵文箱(桃山時代):秋草が渋い.秋草は高台寺蒔絵の定番らしい.

・邸内遊楽図屏風(江戸時代):ここに行きたい!こういう店で飲みたいよう.これも作品世界に入り込める一品.
二組の屏風の前には蒔絵の膳・椀などが展示されていた.器が使われていたものということを味わって欲しいとのことだった.屏風絵のなかの器と見比べると興が尽きない.

・色絵壽字宝尽文八角皿(鍋島 江戸時代):イイ.色絵が味わい深い.鍋島だけに色絵・造形ともに完璧.描かれているアイテムがおもしろい.

・染付松樹文三脚皿(鍋島 江戸時代):マイベスト.完璧.いい色.完璧な形.脚もイイ.松の葉の広がりが美しい.染付けの発色も均一で隙がない.まるで画像が投影されているかのような滑らかな表面.

・日吉山王・祇園祭礼図屏風(室町時代):群集が精緻に描かれている.細部が楽しい.窓から見える室内や屋根の上の鶏など.ワールドに入り込むことができる.通常はガラスから離して展示するのだが,細部がよく見えるようにガラスに近づけて展示しているとのこと.ありがたし.

・薩摩切子紫色ちろり(江戸時代):藍色ちろりもいいが,これも美しい.

・薩摩切子藍色船形鉢(江戸時代):蝙蝠マークの鉢.バットマンボートだ.肉厚のガラス.縁の濡れたような艶やかさがイイ.これは,朝倉文夫の所蔵品だったもの.

・南蛮屏風(桃山時代):右隻は日本,左隻は異国.右隻で陸揚げされているものが面白い.鹿(?)の脚や景徳鎮風の磁器など.竈の様子.左隻では犬や中国風の衣装,人物の表情が面白い.

・茶道具では一群の蒔絵香合.蔦下絵新古今和歌色紙(光悦筆・宗達下絵 桃山時代)がよかった.

今回の展示では,奥のスペースの障子が開かれており,弁慶堀や首都高4号線,そのむこうに新宿のビルがみえる.窓からの景色を見ていると「ここもこれで最後だなあ」と自分が引越しをするような気分になった.


六本木の新しい美術館は隅研吾の設計になる建物に入る.天井が高くなるらしい.場所が変われば展示品の見え方もかわるだろう.また,2年間でぼくの作品を見る目も成長していてほしいと思う.2007年に六本木の新しい美術館で名品と再会するのが楽しみだ.同じ頃にはゴジラも復活しそうな予感が・・・

(今回は,2007年に読み返すために煩雑だが書きたいことは書いた.今回の展示にあわせて,所蔵品ベスト10を投票で決めるイベントがあり,その結果もパネルで紹介されていた.また展示も順位が考慮されている.1位の「藍色ちろり」は特等席に展示されていた.この順位付けだが,あまり興味が沸かなかったので記事中には載せていない.)
(12/18)

|

« 所蔵コレクション展(東京写真文化館) | Main | 国芳・暁斎 なんでもこいッ展だィ!(東京ステーションギャラリー) »

Comments

こんばんわ。
えっ?
全然知りませんでした。
サントリー美術館が閉館だとは・・・

「舞踊図」の着物の柄は是非見たいものですね。
「エミール・ガレ」は大好きです!
当美術館で「ガラスの酒器・ヨーロッパ展」で見た「葡萄文詩文栓付瓶」とやらが特にお気に入りです。
「野々村仁清」の作品はMOA美術館の「色絵藤花文茶壷」を見た事がありますが・・・美しい!
そして「色絵雉香炉」も素晴らしいですね。
焼き物で蓋部分を受けの部分にキッチリ合う様に焼くのは大変な技術なのでしょうね。
「貝尽蒔絵螺鈿絵文箱」の・・・「超絶技巧.今でいう海洋堂です.」と言うのが見たいですね^-^)
最近やっと食玩「ムーミンズランチ2」のフィギュアを全部揃える事が出来ました。もちろん海洋堂です。
・・・・
「高台寺蒔絵」などの事も書きたいですが・・・
また今度に致します。
・・・・
時間を作ってサントリー美術館に行って来ます。
もちろん帰りにはビールを飲んで来たいと思います。
^-^)ノ▽


Posted by: イチゴベリー | December 22, 2004 11:20 PM

イチゴベリーさん

いつもコメントありがとうございます.
今回の展示は絶対オススメ.年末必見の展覧会です.
バランスよく,いろいろなものが見られた上に,それぞれの作品世界に没入できました.

「海洋堂」といえば横浜そごうでは「海洋堂大博覧会」があるそうです.食玩という言葉も一般的になってきましたね.

蒔絵の話も機会があれば貴blogでお聞かせくださると嬉しいです.

では.

Posted by: おけはざま(管理人) | December 23, 2004 01:35 AM

こんにちは。
昨日行ってきました。
(記事はまだ書いていません・・・)

お腹いっぱいになる展覧会でしたね。
過去の図録が全て1000円だったので
一冊和歌関係の図録を買ってきました。

記事ちゃんとupできたら
またご報告します。

Posted by: Tak | December 25, 2004 09:36 AM

Takさん

いつもコメントありがとうございます.

>お腹いっぱいになる展覧会でしたね。
本当に! 楽しめました.

Takさんのレポート楽しみにしてます.
記事を書くのは結構大変ですよね.毎日更新されるTakさんはすごいと思います.
ぼくは筆が遅くて・・・酔うと勢いつくのですが・・・

Posted by: おけはざま(管理人) | December 26, 2004 10:49 AM

こんにちは。
私も筆が遅いので「有名」です。
筆が遅いというよりも、「書くぞ!」という
気持ちになるまでが長いんです・・・

いざ書き始めると、時間を経つのを忘れて
書いてしまいますが。。。
昨日も年賀状を一気に書きあげました。
(へとへとです)

サントリー美術館展覧会の記事やっとやっと
書きました。TBもさせていただきました。

少し早いですが、来年も宜しくお願い致します。
今度一杯やりましょう!

Posted by: Tak | December 26, 2004 02:46 PM

Takさん

コメント&TBありがとうございます.

サントリー本当によかったです.実は今日も近くに行ったのでサントリー美術館に寄ってみました.結構,混んでいました.

遅筆の件ですが,やはり酔ったほうがイイようです.(今も酔ってます.)

今年は,blogを初めていろいろ楽しい気分になりました.Takさんの記事も参考にさせていただきました.コメントにも励まされました.

来年もよろしくお願いします.
是非,飲みたいですね!

Posted by: おけはざま(管理人) | December 26, 2004 11:49 PM

こんばんは。
おけはざまさんの熱のこもったBlogを読んで,滑り込みで本日サントリー美術館へ行ってきました。
私もおなか一杯になるまで存分に楽しんで来ました。
また,図録が半額だったので,「信貴山縁起絵巻」を買ってしまいました。
サントリー美術館は,こじんまりしていながらもなかなか展示スペースにも工夫が凝らされていて好きな美術館だったのですが,2年のお預けとは悲しい限りですね。もう少し,ラグタイムをゼロに近付けなかったのでしょうかね?
TBさせていただきましたので,良かったら遊びに来てください。

Posted by: vagabond67 | December 30, 2004 11:01 PM

vagavond67さん

コメントありがとうございます.
間に合ってよかったですね.
つい先日の展覧会の図録まで半額でしたね.
ぼくは今回の図録を記念に買いました.
2007年の新美術館がいまから楽しみです.

Posted by: おけはざま(管理人) | December 30, 2004 11:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サントリー美術館名品展(サントリー美術館):

» ありがとう赤坂見附 サントリー美術館名品展 [弐代目・青い日記帳]
サントリー美術館で開催中の 「ありがとう赤坂見附 サントリー美術館名品展〜生活の中の美 1975〜2004」に行って来ました。 赤坂見附の303... [Read More]

Tracked on December 26, 2004 02:42 PM

» さよなら赤坂見附のサントリー美術館 [vagabond の 徒然なるままに]
本日まで開催していたありがとう赤坂見附 サントリー美術館名品展を訪れた。12月の後半,猛烈に忙しく展覧会に行く余裕がなかったが,TAKさん,おけはざまさんの記事... [Read More]

Tracked on December 30, 2004 10:56 PM

» Allegra. [Allegra side effects.]
Allegra beck. Tablet id for allegra d. Allegra comics. Generic allegra. Allegra. Allegra side effects. Not take allegra d. [Read More]

Tracked on April 21, 2007 07:11 AM

» girl showing breast cleavage [girl showing breast cleavage]
girl showing breast cleavage [Read More]

Tracked on June 06, 2007 02:37 AM

» The Blog [The Blog]
I would love to be able to come back and write a post about how we are developing, or have picked up a show based on a [url=http://chuvaka.com/M18xNjA0NTEy]comment[/url] posted to the blog. [Read More]

Tracked on August 29, 2007 06:43 AM

« 所蔵コレクション展(東京写真文化館) | Main | 国芳・暁斎 なんでもこいッ展だィ!(東京ステーションギャラリー) »